ワキガは対策次第で臭わない!

ワキのにおいに悩んでいる人は多く、ワキガだという自覚のある人もいます。ワキガというのは、決して不衛生だから起きるわけではなく、アポクリン腺という汗の出る部分からにおうものです。元々はフェロモンの働きをしていた器官ですが、今ではあまり使われていません。アポクリン腺は生まれつきある人とない人に分かれ、アポクリン腺のある人だけがワキガになります。
このように書くと、生まれつきのものだから仕方ないと感じるかもしれませんが、対策をすることでにおわなくすることは可能です。アポクリン腺から出た汗自体は無臭ですが、タンパク質を多く含むために雑菌が分解すると独特のにおいになります。ですから、汗をかいたら雑菌が分解する前に拭き取るようにしましょう。対策としては、汗拭きシートを持ち歩いたり、夏場は着替えを用意しましょう。ワキガの対策として、デオドラントのスプレーをする人がいますが、香り付だと逆効果になってしまいます。
対策として正しいのは、ワキを清潔に保つということと、汗をかいたら拭くということです。ワキ毛が生えていると、雑菌が繁殖しやすい状態になるので、処理したり、脱毛してしまうのも一つの手段です。せっけんを付けて洗うことも必要ですが、洗い残しがあるといけません。よく流して、せっけんのカスが残ったりしないようにしましょう。ワキガだからと諦めるのではなく、積極的に対策を講じることにより、においは抑えることが可能です。
最新わきが治療ナビ|人気があるおすすめ方法と効果を徹底解析!はこちら

Comments are closed.