アレルギー対策のペットフードの選び方

ペットに目の充血や皮膚の炎症などの症状がみられる場合には、食物アレルギーの可能性があります。発症しやすい症状としては、痒がる、くしゃみ、下痢、嘔吐などがあり、ひどくなると血がでても搔き続けます。
普段与えているペットフードを変えることで改善できることがあります。特に犬の場合は、毎日同じフードを与える人が多いため、飼っているペットに合わない、もしくは粗悪なフードを繰り返し与えているとアレルギーの症状だけでなく食欲不振など他の症状まであらわれるようになります。
アレルギー対策のペットフードの選び方の一つとして、肉の種類で選ぶことです。肉がアレルゲンになっている可能性があるため、牛肉メインのフードで症状があらわれている場合には、鶏肉メインのフードに変更する、鶏肉メインのフードで症状が出る場合には他の肉がメインのフードに変更してみることです。もしくは、魚メインのフードに変えてみることです。魚メインのフードは症状がでにくく動物性たんぱく質も豊富にとりやすいです。
また、穀物がアレルゲンになっている可能性もあります。トウモロコシや小麦はアレルゲンになりやすい食材です。穀物は、人間と異なり消化が困難になるため、できるだけ穀物が含まれていないグレインフリーを選ぶようにします。他にも、酸化防止剤や着色料などの添加物がアレルゲンになっていることもあります。できるだけ無添加なものを選ぶようにすることで、回避することが可能です。
ペットフードおすすめランキング!犬や猫に人気のごはんは何?はこちら

Comments are closed.